サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け
サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け

システム変更 玄人相手に有効なサッカー戦術

相手選手

サッカーは世界で最も人気のあるスポーツですが、その理由は制約があるからと言われています。つまり、「手を使えない」という制約ことですが、それがほかのスポーツよりもサッカーを魅力的にしています。人間は手を自由に使えることがほかの動物たちよりも進歩した理由と言えますが、その手を使えないのですから不自由極まりないスポーツです。その中で対戦相手と点を取りあうのですから、愛好家の人たちはそのプレーに感動していることになります。

しかし、本当のサッカーの魅力は単に手を使わずにプレーをすることだけではなくサッカー戦術にあることを本当の愛好家の人たちは知っています。つまりサッカー戦術は玄人向けする要素と言うことができますが、その戦術の一つにシステム変更というものがあります。

システム変更とは戦う布陣のことですが、例えば4-2-3-1という選手の配置のことです。この例ではDF(ディフェンス)に4人、MF(ミッドフィルター)を守備型に2人で攻撃型に3人、FW(フォワード)に1人という布陣のことです。広いグラウンドの中を11人の選手が走り回って戦うのですからしっかりとした戦術が大切になってきます。ただ闇雲にグラウンド内を走りまわるだけでは勝利を手にすることができないのがサッカーというスポーツの難しさでもあり楽しさです。