サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け
サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け

サッカー戦術 パスとシステム変更

子供

サッカーは相手のゴールにボールを入れるという単純なルールのスポーツですが、そこに至るまでのボールの運び方は様々でサッカー戦術も日々進化し続けています。サッカー戦術を大きく分ければボールを長く保持して味方にパスを回しながら相手の隙をつくポゼッションと、ボールを持ったら出来るだけ早く敵陣に切り込むカウンターに分けられます。

パスの種類も色々あって、ポゼッションタイプは短く繋ぎカウンターは長いボールが多くなります。その場面毎の状況によっても変わりますが予めチームで決めてあるサッカー戦術に基づいて行動する事でスムースに攻撃を行えるようになります。

監督の考え方や選手の特性によってどちらのタイプを取るか選択されますが、相手チームとの力量差によってもサッカー戦術やシステム変更を行います。当然強いチームの方がボールを保持できる時間が長くなるのでポゼッションタイプになりやすく、弱いチームは自陣で守ってカウンターという戦術を取る場合が多くなります。

また、現代サッカーにおいてはボールを持たない時、ボールの近くにいない時の動きも重要です。その動きによって相手のマークを外したり陣形を崩したりして攻撃チャンスを生み出します。こうした動きはテレビでは映らない場所での動きなので分かり辛く玄人向けと言えます。