サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け
サッカー戦術理解 システム変更 玄人向け

南米サッカー 有望な若手選手が大勢

若い力

南米は、ヨーロッパを除く地域で最もサッカーが普及しています。特にブラジルやアルゼンチンが有名で、その国の国技ともいえるサッカーは、貧困から脱出するための唯一の方法がサッカーであるといえます。南米は、今までにも優秀なストライカーを大勢輩出していて、サッカー市場を常に賑わせている存在です。

今やブラジルやアルゼンチンだけでなく、他の南米諸国も力を着実に付けて欧州でプレーする選手を育て上げています。

ベネズエラは、オランダリーグで活躍しているクリスティアン・サントスを筆頭に欧州で通用する人材を継続的に輩出しています。

エクアドルでは、スペインリーグに在籍しているフェリペ・カイセドはフルで稼働しているシーズンは少ないが、傑出した身体能力は魅力です。

古豪のウルグアイでは、セリエAに在籍しているロドリゴ・ベンタンクールは、中盤のどのポジションでもプレー可能で、素晴らしいパワーとパス能力を持っています。

アルゼンチンでは、フランスリーグに在籍しているジョバンニ・ロ・チェルソは、スター選手が大勢いる中で素晴らしいテクニックを披露し、世界最高の選手たちの中でも安定したプレーを見せています。

ブラジルでは、これからの動向が話題になっているルアンは、現在、国内選手権のベストプレーヤーと言われています。海外の強豪チームである、サンプドリアやリヴァプールへの移籍の噂もあります。

若手選手の宝庫である南米サッカーは、今年のワールドカップも賑わすに違いありません。